夏休みも折り返し地点も近くなり、学校の登校日が近づいて来ました。登校日に提出すべきものがある生徒は大丈夫でしょうか。塾生の中学3年生の状態を見ていると学校の宿題で精一杯で、宿題の復習の時間がなかなか取れてないのが現状です。ただ、整理と研究を見てノートにまとめて頭にインプットしてから、問題をしているので仕方がない部分もあります。これで家庭学習の時間を多めに取ってもらえると勉強したところを翌日に復習できて、記憶に定着し大変よい勉強につながるのですが。

3年生で1日2時間程度しか勉強できていない生徒は、間際になって宿題が終わらないとわかり、答えを写すだけ、適当に答えを書くだけ、しっかりわからなかったところを復習しない、といった勉強ではない作業になり、記憶につながらないものとなります。

宿題を作業ではなく、記憶として定着し勉強につなげるためには、宿題をしたところの復習をできれば翌日にし、1週間のうち2日間は5日間でしたところの復習をするという形をとって欲しいと思います。そのためにも、最低6時間の勉強時間の確保をして欲しいと思います。

家で6時間はわたしはほぼ無理と思っています。学習塾ドラゴンでは、今日から夏期講習に来られた方もいます。まだ、少し受け入れることは可能です。宿題を終わらす意味でも、確認テストで結果を出すためにも学習塾ドラゴンで勉強してみませんか。