石川県より平成29年度石川県学校基本統計速報が発表されましたので、石川県と小松の高校の卒業生の状況を表にまとめてみました。小松の記載は小松市在住の生徒の数ではなく、小松にある高校に通学していた生徒数ということを認識しておいてください。

小松の平成29年度は、男子の就職率32.6%。昨年よりは4.5ポイント落としましたが、相変わらず就職しやすい土地柄であると言えるのではないでしょうか。一方、女子は18.8%。全国的にはまだ就職率は高いとは言え、昨年よりは3ポイント上がりましたが、男子と比べるとなかなか就職が難しいのではないかと思われます。小松の大学進学率は男女で13ポイントの開きがあり、女性のほうが勉強しなければならないという思いが強い表れではないかと思います。全国では、28年度5.4ポイント、27年度は4.8ポイントの差しかありません。

学校の勉強ができると仕事ができる、収入を得ることがうまいは一致しませんが、優秀な女子の働き場が小松にあればなと思います。優秀な男子も小松に戻ってきて欲しいとは思いますが、「女の機嫌の直し方」を読んで、「男性脳は世界を見て、家庭を見ない」と書いてあり、納得してしまいました。

話が飛びましたが、この結果を見て、やはり小松にいる女子は勉強を頑張って欲しいと思いましたし、その手助けができればと思いました。